パリの秋を楽しむ

ロンドンより秋が一足先に深くなっていたパリ。今年もまた週末に足を伸ばして、行ってきました。ロンドンが重厚感がある街なみだとすれば、パリはそれに華麗さが加わるわけで、欧州大陸の諸都市がパリにあこがれる理由も、ぶらぶらと歩けば体で理解することができる。

ダヴィンチコードですっかり有名になったルーヴルのオーディトリアム。


ふらりと立ち寄ったカフェもどこかメトロさが一杯で、思わず写真を1枚。

やはりパリに欠かせないのが、ラ・セーヌ。決してきれいとはいえない茶色が石造りの街並みの背景に。



そして、ノートルダム大聖堂。少し遠目でみると、コンパクトでかわいらしい。

Posted by Picasa
スポンサーサイト
2009-10-19 : ロンドンビジネススクール留学記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

T. Wakasugi

Author:T. Wakasugi
1977年東京生まれ。幼少時はロンドンで過ごす。もともとはバリバリのエンジニア志向で統計モデルを駆使した分析をしていた。ところが、数値ではさばき切れないビジネスや人間の奥深さに気づくようになり、外資系の戦略コンサルティングファームに勤務。社会人向けスクールの講師として人材育成にも携わる。その後、ロンドンビジネススクールに留学し、リーダシップ・組織・心理学について学びながら、欧州生活を家族で謳歌。現在はロンドンで経営コンサルティングと教育プロブラムを提供。ビジネスブレークスルー大学講師。学びは21世紀、最高のエンターテイメントと実感しつつ、日々精進中。最近はヨガ・瞑想にこっています。弱点はお酒が弱いこと。こんな感じですが、よろしくどうぞ。コメント、質問、MBAなどの相談など大歓迎。twk.lbs@googlemail.com

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR