学びは21世紀、最高のエンターテイメントに

どうやら、私は「学び好き」のようです。



友人の中にはもう1年半以上も授業を受け続けて、「授業疲れしちゃったよ」という人もいますが、私の場合は、いまだにMBAの授業も楽しんで受講していて、なんで選択科目の受講数に上限があるんだろうと思っているくらい。



実際、「学び」は21世紀最高のエンターテイメントであり、レジャーではないかと本気で思っているわけです。



なんと、馬鹿な、と思うかも知れません。



しかし、このトレンドは、じつはこう考える人は、急速に世界に広がっていて、私のような少数派だけ、とはいえない、21世紀の経済を考える上でとても大事な大事な地殻変動です(大袈裟な!)。



たとえば、例を挙げましょう。



すでに多くの方がご存じの「ハーバード白熱教室」。



ハーバード大学のMichael Sandel教授が繰り広げる哲学の授業が日本を含めて世界中で大人気。



Michael Sandel教授 "Justice"
http://www.justiceharvard.org/

"What's the right thing to do?"を真っ正面からあつかった講義。でも、哲学の授業ですよ!哲学がここまで注目を浴びるのもすごい。若い学生の目が一人残らず、キラキラしている。



実際、彼が紡ぎ出す全く無駄のない、研ぎ澄まされた講義は、私たちに知的遊戯と興奮を与えてくれます。これぞ、21世紀型、最高のエンターテイメントの真骨頂だと思うわけです。



それから、言わずと知れたTED
http://www.ted.com/



-TED is a small nonprofit devoted to Ideas Worth Spreading -- through TED.com, our annual conferences, the annual TED Prize and local TEDx events.





20分のショートプレゼンに人々が拍手喝采を浴びせる、そう、知的興奮がエンターテイメント化している、実際に!



楽しみながら「学び」、自らを成長させていく-いやいや、なんとも、素晴らし時代ではないですか。
スポンサーサイト
2010-05-29 : ロンドンビジネススクール留学記 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
初めまして、コメント失礼いたします。
学びがエンターテイメントという考え、言いえて妙であると同感です。

イタリアSDA Bocconi MBA卒業の柳澤と申します。
私は現在、ロンドンにあります教育サービスの企業にてアジア市場のマーケティングを担当しています。
迫る9月に開催されるMBA・大学院を目指す人のための世界最大イベント「World MBA Tour」「World Grad School Tour」につき、是非、貴殿のブログにて告知にご協力いただけませんでしょうか。
受験者にとっては直接アドミッションと接する絶好のチャンスであり、
私自身も留学前に参加し、ネットワーク拡大とともに受験に向けてモチベーションを最大化させる良い機会でした。
宜しければ以下のテキストを告知していただきたく宜しくお願い申し上げます。
------------------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【QS World MBA Tour Premium】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】 2010年9月9日(木曜日) 午後5時~午後9時
【会場】 シェラトン都ホテル 〒108-8640 東京都港区白金台1-1-50
http://www.miyakohotels.ne.jp/tokyo/access/index.html
【費用】 下記事前登録で入場無料 (当日入場の場合500円)
http://www.topmba.com/mba-tour/Tokyo-premium?&utm_source=reg&utm_medium=online&utm_campaign=StudentBlog
【Facebook】 http://www.facebook.com/pages/TOP-MBAGrad-School-Japan/122556411124793 
【Twitter】 http://twitter.com/QS_AsiaPacific 
 ─────────────────────────────────
【主催:QS Quacquarelli Symonds Ltd.】
http://www.topmba.com/
QS社は高等教育に関するイベントやランキング情報等を通じて人と教育機関と企業を結ぶ活動を行っています。
 ─────────────────────────────────
【QS ワールドMBAツアーとは】
世界のトップビジネススクール入学審査官らが、東京含むアジア、北米、ヨーロッパを世界最大規模で全52都市を巡回する予定で、日本開催は今年で8回目になります。数百名のMBAを目指す方々の参加が見込まれ、ブースに立つ卒業生や出願者同士のコミュニケーションも大きな魅力です。プログラム内容や卒業後の就職案内など情報入手のチャンスです。当日ブースで会話した学校関係者が、選考プロセスにて実際のインタビュアーや審査官であることは珍しくありません。是非ご参加ください。
 ─────────────────────────────────
【当日のタイムテーブル】
16:00-17:00 入学審査官によるパネルディスカッション「MBA合格をつかむキーポイント」
17:00-18:00 トップ校プレゼンテーション
18:00-19:30 トップ校入学審査官との座談会(参加者は要事前選考)
19:30-21:00 オープンフェア
20:00-20:45 企業採用担当によるディスカッション「MBA卒業後のキャリア形成について」
 ─────────────────────────────────
【参加予定校(一部)】
INSEAD、IE、ESADE、IMD、LBS、Michigan、Boston University他
★事前登録はこちらから★
http://www.topmba.com/mba-tour/Tokyo-premium?&utm_source=reg&utm_medium=online&utm_campaign=StudentBlog
2010-08-23 15:17 : 柳澤 URL : 編集
No title
ご無沙汰しております。イノベーション講座OBの江尻です。

学び好きというのは、大げさではなく、幸せのパスポートを手に入れたようなものではないでしょうか?

〈え〉
2010-05-29 07:39 : どろろ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

T. Wakasugi

Author:T. Wakasugi
1977年東京生まれ。幼少時はロンドンで過ごす。もともとはバリバリのエンジニア志向で統計モデルを駆使した分析をしていた。ところが、数値ではさばき切れないビジネスや人間の奥深さに気づくようになり、外資系の戦略コンサルティングファームに勤務。社会人向けスクールの講師として人材育成にも携わる。その後、ロンドンビジネススクールに留学し、リーダシップ・組織・心理学について学びながら、欧州生活を家族で謳歌。現在はロンドンで経営コンサルティングと教育プロブラムを提供。ビジネスブレークスルー大学講師。学びは21世紀、最高のエンターテイメントと実感しつつ、日々精進中。最近はヨガ・瞑想にこっています。弱点はお酒が弱いこと。こんな感じですが、よろしくどうぞ。コメント、質問、MBAなどの相談など大歓迎。twk.lbs@googlemail.com

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR