バカ受けの日本レストラン、Hare & Tortoise

Hare & Tortoise。

それは、近所のショッピングセンターのかどにある和食系レストラン。



Always very busy and usually a long queue seen outside, underlying great value and popularity of our dishes.

Open 7 days a week,
Mon to Sun 12noon to 11:00pm
11-13 The Brunswick, London WC1N 1AF
Tel: 020 7278 9799

(HPより)

と自ら宣伝文句に書ききるほど、たしかに、平日、休日を問わず、昼と夜のピーク時は、行列ができるレストランと化しているのです。

このロンドンで、ここまで繁盛している和食系レストランは、見たことがありません。というか、和に限らず、ここまで繁盛しているレストランは、見たことがない、と言い切ってもいいかもしれません。ピークの時間帯は、いつも混んでいます。(じつは、テイクアウェイもできるので、混んでいるときはこれが便利。電話して予約しておいて、できたときにピックアップに取りに行くのが賢い利用方法です。)

プライスレンジがきわめて、リーズナブルなせいか若者に大人気。6,7ポンドくらいでラーメンやカレー、または寿司といった一品が食べられるのですから。

そして、ちょっとモダンな内装は、全然を「和」を感じさせない。そもそも、店名が「和」を完全に捨て去ってしまっています。Hare & Tortoise、そう、ウサギとカメですから、だれもJapaneseを連想させないでしょう。

その上、日本の店員は、ゼロ。90%が中国系で、残りの10%がイギリス人の若者といった感じでしょうか。

和食レストランなんだけど、全然和を感じさせない、ちょっと新鮮な感じななのです。おそらく、このレストランを指揮している人は日本人ではないかと思えてきます。日本人だったら、ここまで「日本風」を捨てることは難しいですから。

で、このレストランが何でうけているかというと、もちろん、内装だとかなんだとか、といった点もあるのですが、結局は、「おいしい」からなんです。うちの近所さんも、この店の大ファンですから。

では、なぜおいしいのか?

私流の分析でいうと、外国人が日本食で「おいしい」と感じる部分を徹底的に「誇張」した料理作りをしているから、ということになると思います。

外国人が日本食で「おいしい」と感じる部分の読み切りと、その誇張の方法が、実に上手。としかいいようがない。そこに、このレストランの何よりの成功要因があるのではないかと思います。

僕ら日本人は、外国人が日本食のどこにうけるのか、そこは意外と分かってなかったりします。どうしても、本物を出そうとしてしまったりということもあるでしょう。

たとえば、すしのネタでいえば、こちらの人は、サーモンが大大大大好きなのですが、だからといって、↓のようなメニューを考えつくでしょうか?これは、スゴイメニューです。まさにサーモンづくし。

サーモンボックス(HPより)

2 salmon nigiri, 1 salmon temaki, 6 salmon maki, 3 salmon sashimi - 12 pieces


サーモンの刺身に、サーモンの手巻きに、サーモン寿司に、サーモンロール。ここまで「誇張」するからうける。

この話しは、マーケティングやブランディング上もものすごく大事で、提供している商品やサービスのどこの部分が顧客にうけているのかが見えなくなるケースというのは往々にしてあります。

顧客が感じてくれている価値が見えなくなれば、当然、企業としても、何にフォーカスして今後活動していけばいいのかも分からなくなります。そうすると、当然、商品、サービスも漫然としたモノになってきてしまいます。

それから、もっとパーソナルに、個人に置き換えても全く同じことが言えると思います。

このレストランを通りすぎるたびに、これらのことを考えることの大事さを思い出すのです。

スポンサーサイト
2009-09-10 : ロンドンビジネススクール留学記 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
匿名さん

こんにちは、そうでしたかHare & Tortoiseに行かれましたか。

あの値段でけっこうなクオリティですよね-もちろん、本場日本に比べると負けてしまいますが、ここロンドンでは十分です。

海老フライのカレーや、ウナギ巻き、焼きうどんもとてもおいしいと思います。

私は他の店舗には行ったことがないのですが、もし行かれたらぜひどうだったか教えていただけると幸いです!
2009-09-20 22:46 : twk URL : 編集
No title
Hare&Tortoiseへ早速ドイツ人と韓国人の友達と行ってきました。
みんな鮨を食べたがっていて、見た目も味も
日本の味を思い出させてくれ、裏切らない
味でやばいくらいおいしかったです^^
やみつきになりそうなくらいです。
値段も美味しいわりにはそんなに高くなかったので、
また他の店舗も行ってみたくなりました。
2009-09-20 22:32 : twk URL : 編集
No title
SOHOの日本食を食べにこの前行ってきましたが、残念ながら期待に応えられない味にがっかりし、その日は帰りました。
今度は、このHare&Tortoiseのレストラン情報があったので、トライしてみます。
本当の日本食の味なら最高です。
ありがとうございます!
2009-09-16 22:15 : tsutsumi URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

T. Wakasugi

Author:T. Wakasugi
1977年東京生まれ。幼少時はロンドンで過ごす。もともとはバリバリのエンジニア志向で統計モデルを駆使した分析をしていた。ところが、数値ではさばき切れないビジネスや人間の奥深さに気づくようになり、外資系の戦略コンサルティングファームに勤務。社会人向けスクールの講師として人材育成にも携わる。その後、ロンドンビジネススクールに留学し、リーダシップ・組織・心理学について学びながら、欧州生活を家族で謳歌。現在はロンドンで経営コンサルティングと教育プロブラムを提供。ビジネスブレークスルー大学講師。学びは21世紀、最高のエンターテイメントと実感しつつ、日々精進中。最近はヨガ・瞑想にこっています。弱点はお酒が弱いこと。こんな感じですが、よろしくどうぞ。コメント、質問、MBAなどの相談など大歓迎。twk.lbs@googlemail.com

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR