Tipping Point Leadership~臨界点を越えよ!

MBAの授業の多くでは、いくつかの再度リーディングを課されていきます。

その授業で扱うケースを補完したり、新しい視点を提示するために使ったりと、その目的はさまざまですが、教授が厳選しているだけあって、このサイドリーディング、けっこういい記事が含まれているのです。 また、色々と調べ物をする中で、いい記事に出会ったりもします。

というわけで、個人的に面白いと思った記事で、紹介に値すると思ったものを、このブログでもたまに取り上げていこうかと思います。

Tipping Point Leadership
By W. Chan Kim and Renee Mauborgne

http://harvardbusiness.org/product/tipping-point-leadership/an/R0304D-PDF-ENG

あのブルーオーシャン戦略を世に送り出したW. Chan Kimによるチェンジマネジメント論。この論考が鋭いのは、やはりTipping Point、すなわち“臨界点”という概念に注目したことでしょう。

企業は変わろうと思ってもなかなか変わらない、だれもがそう思うのですが、あるクリティカルマスを越える人間が本気になった途端、まるでウィルスが伝染するかのように、企業はあっという間に変わる、そのことを書いています。

“In any organization, once the beliefs and energies of a critical mass of people are engaged, conversion to a new idea will spread like an epidemic”

これは、まさにその通りで、私もいくつもの変革プロジェクトでこれを経験しました。そうなのです、はじめは様々な抵抗に会うのですが、改革派のシンパがある水準に達すると、組織が動きだす。そうなれば、もうコンサルタントは不要です。逆に、いつまでも改革の実行フェーズでも、多くのコンサルタントを投入せざるを得ないのは、このTipping Pointなる概念を理解していないということになります。

誰もがなんとなくそうだよね、と思っていることをTipping Pointという一言にのせて世に問うているところが、Chan Kim氏の凄いところでしょう。ブルーオーション戦略という言葉しかり。

途方もなく大変に見える改革であっても、いくつかの急所を押さえて、ある臨界点を越えさせることが、リーダーの仕事というのです。

著者らが、提案しているその急所というのは、次の4つです。この4つを乗り越えることで、Tipping Pointを越えることができるというのです。これら4つの考えを、この記事では、治安が悪化したニューヨークを転換させた、当時のニューヨーク市警長官William brattonの実例を使って、鮮やかに描きだしています。

Cognitive Hurdle(認識の壁)
経営幹部を問題に向き合わせることで、問題を心底理解してもらう。問題を説明するのではなく、問題を体験させる
例:幹部の車での通勤を廃止。みな、危険なニューヨークの地下鉄を利用させる。身をもって治安の悪さを実感する

Resource Hurdle(リソースの壁)
本当の問題にフォーカスすることで、リソースを捻出する
例:ニューヨーク市民はたまにおきる暗殺といった大きな事件ではなく、もっと些細だけど頻繁に起こっている強盗などにおびえている。そうした些細だけど頻繁に起こる事件にリソースをあてる

Motivational Hurdle(モチベーションの壁)
キーパーソンにスポットライトをあてる。モチベーションの問題だからといって、すぐにインセンティブ制度を変えようなどと思ってはいけない。それは途方もなく時間がかかり、結局意味をなさない
例:ニューヨーク市警の地区長に全員の前で何がうまくいって、何がうまくいってないかを発表させることに。うまくいっている地区長は、スポットライトを浴びる!

Political Hurdle(政治の壁)
やはり、政治はいつでも必要。政治力学を上手に活用せよ
例:些細だけど頻繁に起こる事件を取り上げるのに反対していたのは、裁判所。なぜなら、さばく事件の数が莫大に増えるから。ニューヨーク市長を見方につけて、裁判所を動かした

企業変革の際、もしくは部署の方針を変える際、この「臨界点」を意識することで、大きなヒントを得られるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
2009-09-04 : ロンドンビジネススクール留学記 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

T. Wakasugi

Author:T. Wakasugi
1977年東京生まれ。幼少時はロンドンで過ごす。もともとはバリバリのエンジニア志向で統計モデルを駆使した分析をしていた。ところが、数値ではさばき切れないビジネスや人間の奥深さに気づくようになり、外資系の戦略コンサルティングファームに勤務。社会人向けスクールの講師として人材育成にも携わる。その後、ロンドンビジネススクールに留学し、リーダシップ・組織・心理学について学びながら、欧州生活を家族で謳歌。現在はロンドンで経営コンサルティングと教育プロブラムを提供。ビジネスブレークスルー大学講師。学びは21世紀、最高のエンターテイメントと実感しつつ、日々精進中。最近はヨガ・瞑想にこっています。弱点はお酒が弱いこと。こんな感じですが、よろしくどうぞ。コメント、質問、MBAなどの相談など大歓迎。twk.lbs@googlemail.com

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR