LBSの組織行動は何が学べますか?

LBSの組織行動は何が学べるか?というご質問をコメントにいただきました。

LBSの必修科目では、

Global Leadership Assessment for Managers
360度評価やセルフアセスメントをもとにしたリーダーシップ・トレーニング
Global Leadership Development Programme
コミュニケーションを中心とした実務的なトレーニング
Managing Organisational Behaviour
いわゆる組織行動の基礎を学ぶと同時に、実際のプロジェクトを通じて理論を適用

選択科目で、OB (Organisational Behaviour、組織行動)と言われているのは、次の科目があります。

Leading Teams and Organisations
“The course was successful in equipping me with a toolbox to proactively lead my team and organisations in the future.”
“One of the best aspects of this course was splitting into teams to be able to get the opportunity to become a leader and get 360 feedback.”

Managing Change
“A key challenge for senior managers is managing the process of change in organisations. This elective, that has proved popular for many years now, looks in a practical way at how to lead that change.”

Negotiation and Bargaining
“Very interesting, informative, lively. Really loved the course. I’ve learnt a lot. Really practical, useful and confidence building” (student)
“This course is a vital part of business life and should be considered almost compulsory” (student)
“Should be a core course. One of the most valuable 30 hour investment I’ve made at LBS.” (student)

Family Business: A guide for owners, managers and advisors
“There is a duality to family firms. On the one hand they regularly outperform non-family businesses - both listed and unlisted ? and on the other, they seem especially vulnerable to death, difficulties and damage from a range of hazards. We shall explore how firms can capture the benefits whilst avoiding the pitfalls. It will be an intensely practical programme, with a substantial but unobtrusive theoretical underbelly.”

Paths to Power
“If you don’t take up your power, you can be sure that others will. Their aims may not be as worthy as yours. If you are not careful, you can become a victim of the power of others. Understanding where power comes from and how to take it up are critical skills for success in organisations, as well as successful organisations.”
Shadowing Project

そのほかに、OBといわれる分類ではないけれど、関連する科目が、Managing Corporate TurnaroundsManaging the Growing BusinessStrategic InnovationAchieving Strategic AgilityStrategies for Growthあたりです。どれも、変化をどう先取りし、どう対応するかを考えます。

個人的には、組織行動関連の科目は、もっとあってもいいのではないかと思いますが、面白い教授陣も多くいますので、そうした人達のプロジェクトに混ぜてもらうのもひとつの学び方です。

私は、Future of Workの研究をしているリンダ・グラットン教授の研究に興味をもっていたので、それに参加させてもらっています。研究の進め方自体もユニークで、巨大なオンラインコミュニティに、各国から実務家が議論をしていく中で、未来の働き方をあぶり出していくというものです。毎回、このコミュニティにログインする度に個人的にも新しい発見があります。

また、私の場合、修士論文もある意味で、組織行動論的なトピックを選びましたので、それを通しても、学ぶことができます。

というわけで、LBSの組織行動は何が学べるか?というもとの質問に戻ると、上記の必修科目と選択科目にあわせて、自分でプロジェクトに参加、組成することで、いかようにも学びは広がると思います。
スポンサーサイト
2010-05-10 : ロンドンビジネススクール留学記 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
早速、メール送らせていただきました
2010-05-12 14:13 : masa URL : 編集
No title
masaさん

こちらこそ質問いただきましてありがとうございました。質問をいただくと、こちらも刺激になります。

是非今度、メールください。意見交換しましょう。
2010-05-10 20:46 : twk URL : 編集
No title
コメントでの質問の答えがいただけてうれしく思います。

リンダ・グラットン教授のプロジェクトは、社会学的部分なども含まれていますね。、しかも、オンラインコミュニティを利用して議論で提起していくのは面白そう。
こういう分野は、実務家と多種多様な分野の専門家などとの議論から画期的なものが生まれてくるのかもしれませんね。
2010-05-10 14:48 : masa URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

T. Wakasugi

Author:T. Wakasugi
1977年東京生まれ。幼少時はロンドンで過ごす。もともとはバリバリのエンジニア志向で統計モデルを駆使した分析をしていた。ところが、数値ではさばき切れないビジネスや人間の奥深さに気づくようになり、外資系の戦略コンサルティングファームに勤務。社会人向けスクールの講師として人材育成にも携わる。その後、ロンドンビジネススクールに留学し、リーダシップ・組織・心理学について学びながら、欧州生活を家族で謳歌。現在はロンドンで経営コンサルティングと教育プロブラムを提供。ビジネスブレークスルー大学講師。学びは21世紀、最高のエンターテイメントと実感しつつ、日々精進中。最近はヨガ・瞑想にこっています。弱点はお酒が弱いこと。こんな感じですが、よろしくどうぞ。コメント、質問、MBAなどの相談など大歓迎。twk.lbs@googlemail.com

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR